節子ママの旅立ち

みなさま ご無沙汰しております。
日ごとに春めいてまいりました。

先月より闘病中だった節子ママは、ひと月にわたる入院生活の末、2月16日の午後9時40分にとても穏やかに永眠いたしました。
生前、母と親しくして頂き、ありがとうございました。

1月18日に少し体調が悪くて病院に行ったところ、そのまま入院になってしまいました。
コロナ禍で面会なども出来ないという病院が多い中、母の病院では一日に30分の面会を許してくれましたが、かなり重篤だった母に付き添うため私はすべてをキャンセルして、母と一緒に個室に入院生活をしました。

2月3日のお誕生日には看護師さんたちが
「せつこさ~ん、お誕生日おめでとうございます!!」と集まってお祝いソングを歌ってくれ、バースデーカードを頂きました。
マレーシア在住の兄とはずっとラインでの会話でしたが、やっと帰国が叶い「本物来たよ~!」と感動的な再会も出来ました。

明るく友人の多い母でしたので、皆様と共に送りたかったのですが、時節柄、通夜、告別式とも家族、親戚のみで執り行いました。 
会場内は少人数でしたが、告別式の様子をYouTubeにて配信することが出来ましたので、画面越しに私たちと一緒にたくさんの方に送って頂けました。

入院中は有線放送のピアノ演奏をずっとかけていましたが、「ひろちゃんのピアノが聴きたい」と言っていたので、告別式に会場の電子ピアノをお借りして、母にシューベルトの即興曲90-3を献奏しました。

ママのための演奏会を企画しなければ!!!!

もう少しでワクチンに手が届きそうです。気を抜かずに頑張りましょう。

BBA8F70F-18CA-4F3F-9A40-C277243E0AE5.jpegF0AAA3C9-4417-4EE5-B199-E4C836CA27CF.jpeg
C843783E-A488-4893-9F25-73D835B57B76.jpeg
0B32B622-B340-40C2-A0F0-CAEFEFA148B4.jpeg





この記事へのコメント